【EC・通販事業向け】おすすめのCRMツールを比較ランキング形式で最新の情報を紹介します!

頼りになる!導入前に確認しておきたいCRMツールのサポート体制とは

公開日:2020/10/15  最終更新日:2020/09/24

人と会わないことが普通になりつつある新しい生活様式ですが、それでも営業は続けなければいけません。ネットワークを使ったコミュニケーションや情報提供が主流となり、今までのように製品の説明を直接できる機会は減少することが予想されます。こんな状況を乗り切るために活用したいのがCRMツールです。短時間で結果を得るために効果的です。

これからの事業にはCRMツールが必要

見えない顧客に対して営業をする時に重要なことは、いかに効率的なアプローチができるかということです。対面営業ができない状況においては、実際に顔を合わせている間に説明や提案ができるという考え方は通用しません。これからは、短時間でより提案力が求められる営業が主流になりそうです。

なぜそれを選ぶべきなのか、よりわかりやすく、選択しやすいものが好まれることになります。顧客がどのようなものを求めているのかを把握し、提案を短時間で伝える方法で、営業戦略を考えなければいけません。それに対応するためには、CRMツールを利用して顧客の管理を徹底することが有効になります。

CRMにより、どのような層に求められているのか、なぜニーズがあるのか、効果的な説明はどのような方法で行えばよいのかなどをしっかりと分析します。今までの実績を情報として蓄積し、分析することで傾向が見えてくるものもあります。こうしたデータに裏付けられた分析を活用することで、よりよい経営へとつなぐことができるでしょう。

営業においては、提供しているサービスや商品によって有効な手段や条件は変わってくるはずです。それぞれにあった戦略を展開できれば、無駄な時間を費やす必要がなくなります。試行錯誤の時間を減らすことで、短時間で成果を上げることができるので、効率よく売り上げを得ることができるようになります。

営業担当者ごとに個性を見出すことも重要ですが、そもそものベースとなるサービスや商品のデータを正確に分析して、有効な営業方法を徹底できれば個人のスキルの差を埋めることも可能です。

CRMツールで重要なPDCAサイクル

CRMツールを活用する時には、PDCAサイクルに落とし込むことが効果的です。PDCAサイクルとは、計画して実行したものを分析し、改善する一連のプロセスです。マネジメントにおいて用いられる考え方で、顧客管理マネジメントシステムであるCRMツールとの相性がよいのは当然といえるでしょう。

顧客の要求は、目に見えて得られるデータではありません。実行したことが有効だったかどうか、その結果の情報を地道に集めてデータベース化し、その中から有効なものだけを実践することが求められます。PDCAサイクルを利用するとは、どのようなアプローチをするかを計画し、実行した結果を分析して、必要な対応を考えるということです。

データ収集においても、計画がしっかりしていれば良し悪しの評価が簡単です。たとえば同じ内容で2種類の広告を用意して、その結果を確認すればどちらの方法が優れているかを、データをもって簡単に判別できます。このような計画と実行、分析、改善を繰り返すことで、だんだんと精度の高い戦略ができ上がります。現場レベルにそれを徹底することで、営業効率の底上げが可能となります。

しかし短時間で結果を出さなければいけない状況において、営業の現場でPDCAサイクルを行うことは非効率的です。あらかじめ有効なデータや手法を用意して、どのように営業を行えば効率的であるかを共有した上で営業を行うことが、短時間でより効果のある方法といえます。

CRMツールを有効に使うためにはサポートが重要

CRMツールは導入してすぐに効果が得られるものではありません。ちゃんと機能するまでには、いろいろな試行の連続になるはずです。自社ですべてを賄うことは困難で、定着するまではサポートが必要となります。それを踏まえ、CRMツールは検討段階からツールごとによく比較し考えた上で導入しましょう。

ツールを選択する時には、機能ばかりに注視するのではなく、導入後にどのようなサポートを受けられるかを確認した方がよいでしょう。導入後の対応はシステムのアップデートだけで、利用に関してのサポートを受けられないような状態では、使いこなせないまま終わってしまう恐れもあります。それでは導入費用が無駄になってしまうでしょう。

計画や改善がしっかりと反映されることや、実行結果の分析方法、蓄積されたデータの活用方法についてなど、導入後は長期間のサポートが必要となることが予想されます。入力されている情報が十分か、その情報をデータとして活用するための処理方法、最終的なサマリーを得られる手順など、細かなサポートがなければ有効活用することは難しいといえます。

サンプルだけでわかったつもりでいると、自社の状況に対応できず、本来の有効性を引き出さないままになりかねません。とくに組織変更や新事業の検討など、状況ごとに細かい対応が必要な場合にサポートが受けられると安心です。ツールは長く使うと形骸化することがあるので、有効性を維持するためには継続的なサポートが必要となります。定期的な契約が結べるものを検討することもおすすめです。

 

とくに非対面・短時間での営業において、CRMツールは活用すればさまざまな利益があります。CRMツールを最大限有効に活用するためには、状況に応じて対応することが必要です。しっかりしたサポート体制の整っているツールを導入することで、よりよい効果が得られるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧