【EC・通販事業向け】おすすめのCRMツールを比較ランキング形式で最新の情報を紹介します!

顧客情報を経営戦略に変えるCRMツールとは?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/23

CRMツールは顧客情報を効率的に管理することができる便利なツールですが、ツールの持っている機能によっては、保存されている情報を企業の経営戦略に利用することもできます。ここでは、経営戦略にも利用することができるCRMツールが持っている特徴や、保有する顧客情報を上手に経営に活用する方法について詳しく紹介していきます。

顧客の情報を分析して戦略を立てる

CRMツールは企業が保有している顧客情報を一元的に管理することができる便利なツールですが、必要なときに情報を閲覧するだけでなく、さまざまな用途に利用することができます。企業経営にもCRMツールが管理する顧客情報を有効に活用することができ、経営戦略を決めるうえでも参考にすることができます。

顧客情報を経営戦略に変えることができるCRMツールとして典型的なものは顧客に関する細かい購入データが記録されているタイプのものです。一人一人の顧客の具体的な購入データがわかれば、どんな製品がどのような年代の人に購入されているのかということも、詳しく知ることができます。

特定の年代の人に特定の商品がよく売れているということが、データベースに記録されている情報から確認することができれば、それに合わせてより適切な経営戦略を決めることもできます。若年層の顧客に多くの製品を販売しているような企業ならば、若年層向けの製品をより多くするといった経営戦略をとることも可能です。

高齢者の顧客が多いことが顧客情報から入手できれば、高齢者への販売に的をしぼって戦略をとることもできます。売れ行きの良い製品とそれを購入している顧客との相関関係をCRMツールによりしっかりと分析することにより、企業の売上をさらに向上させるための経営戦略を決定するのに役立ちます。

顧客の購入パターンなどから決める戦略

顧客に関する情報がより詳細に記録されているCRMツールならば、さらにさまざまな方法で企業の経営戦略の決定に役立てることができます。例えば、顧客ごとの購入履歴などが詳細に保存されているようなCRMツールならば、同じ顧客がどういった傾向の商品を購入しているかを分析することができます。

別の顧客でも同じような製品を購入しているような顧客の場合には、ほかにも共通する製品を購入している場合もあり、顧客の購入傾向を知るうえでも貴重な資料になります。特定の商品がほかの特定の商品と一緒に購入されていることが多いことが顧客情報から分析できれば、それを経営戦略に生かすこともできます。

よく一緒に購入される商品をセットとして販売して、価格も別々で購入するより割安の料金にするといった経営戦略を決めることも可能です。多くの顧客から定期的に購入されていることが顧客情報から分析できれば、定期購入コースなどを新しい商品として販売することもできます。定期販売を行えば企業も安定して利益を確保することができるので、経営戦略としても非常に重要です。

ECサイトで販売している商品などの中には、特定の地域に住んでいる人によく売れているものもあるため、こうした売上の傾向も顧客情報を分析することで可能です。特定の地域に住んでいる人に特化したサービスを行うというような戦略を決めることもできます。

企業のとる戦略と売上の正しい分析

売上が落ち込んでいる商品などはCRMツールの顧客情報を分析して、商品の売上改善のための経営戦略を決定することもできます。こうした分析をする場合も、顧客情報が詳細に記録されているようなCRMツールならば、簡単に製品の売上に関する情報を入手することが可能です。

顧客情報を分析してみて、特定の年代の顧客だけ売上が落ち込んでいるようなことが判明した場合には、それに対して適切な経営戦略をとることもできます。若年層にだけ売上が落ち込んでいるような場合には、若年層に購入してもらえるように製品の内容をマイナーチェンジするような戦略をとることもできます。

全ての年代の顧客において、製品の売上が落ちているような場合には、その製品の生産を中止して、別の新しい製品を開発するといったような戦略も考えられます。CRMツールに記録されている情報をより詳細に分析することで、何が製品の売上に影響しているのかを正しく分析することが可能です。

製品の売上が向上している場合にも顧客情報の分析は有益で、どのような年代の顧客に販売がのびているのかを確認することで、顧客にとって魅力のある製品が何かを知るのに役立ちます。製品の売上に関する正確な分析ができれば、より合理的に経営戦略を決定することができるので、データとして保存されている情報の正確さなども重要になります。

 

顧客情報を分析することは、企業の経営戦略を決定するうえでも役に立ちます。顧客の年齢や現住所、購入履歴など、顧客情報が詳細に記録されているようなCRMツールならば、より適切な戦略を決定するための手助けになります。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧